今日のつれづれと雑談

今日から4日間お休みをいただいているので午前中はだらだらと、午後(というか夕方)から散歩を兼ねて銀座まで行ってきました。
今日の服装は写真撮ってないのでお休み。

昨日からオープンのGINZA SIXに行ってきました

ちょろっと見てきただけですが感想をずらずらと。
・とにかく人が多い。
・高級ブランドばっかり。ショパールでは何も買ってないのにお菓子もらっちゃった。
・DRESSTERIORというブランドを見てきました。ワールド系らしくお値段もそれなりですが、縫製がしっかりしていて好み。
 (旦那さんがALDENの靴を買ったので割引券たくさんもらいました。5月始めにグレーのパーカー買います(笑)買わない予定だったけど、ものすごく着た時のラインが綺麗で、すぐ気に入ってしまいました)


……ショパールを見てきたんですよ。
ショパールと言えば、時計は作っているもののハッピースポーツとかハッピーダイヤモンドがメインで、正直ガワだけの時計だと思っていたんですけど、メンズの時計は思っているよりすごいものが多かったです。
別に買ったわけではないけれど、旦那様が「おっ!!」と思ったものを語らせて下さい。

ミッレ ミリア クロノグラフ

f:id:maki-tki:20170421222754j:plain

クロノグラフを持っていないのでちょっと気になったみたいです。お値段60万円ほど。
すごくカジュアルなデザインなので、正直ショパール?って感じがしましたが、正規金額で60万円でクロノグラフって最近の時計市場のお値段を考えるとわりとお安い気がしました。
サイズは42mmと、最近のクロノグラフ系ではそこまで大きいタイプではないもののそれなりに大きめ。
とは言え本体の側面が丸みを帯びたような感じになっているので、腕に乗せるとそこまで大きく見えませんでした。
旦那の腕周りは16cmくらい。
それで大きく感じないのだから、多分大半の男性ならつけていてそこまで目立つサイズ感じゃないはずです。
また正規店のオーバーホール代金は基本料で6万円。
その中にパッキンやバネなどの必須交換部品代も含まれているようですから、クロノグラフにしては比較的良心的なお値段だと思います。
またこのモデルは国内でオーバーホール可能なので半年かかるとかにならないのもありがたいですね。

L.U.C XPS 1860 EDITION

f:id:maki-tki:20170421223754j:plain
f:id:maki-tki:20170421223838j:plain

次に気になったのはこれ。
L.U.Cという、ショパールの本気系シリーズの一つで3針デイト機能のごく普通の時計です。
K18RG無垢のモデルもあり、そちらはジュネーブシールを取得している+本数限定のモデル+ステンレスのモデルよりもムーブメントの面取り等々凝っているらしいです。
でも、ステンレスのモデルも素晴らしかったですよ。
100万ちょっとでマイクロローターが使われているモデルなんか見たことがないし、裏側の凝りようも、他の100万円台のモデルと比較すると断然素晴らしい。
マイクロローター採用なので、本体自体は自動巻きなのにかなり薄型のモデルです。
39mmという3針デイトモデルにしてはちょっと大きめなサイズ感(とは言え最近は普通ですかね)がちょっと惜しい気がしましたが、近々若干小さめのサイズになるそうです。

ショパール様は思った以上にメンズ時計では本格派でした。
レディースのダイヤきらきらな印象が強いブランドでしたが一気に認識が変わりましたね。
(レディースでもここまで裏もこだわった作りの時計を作って欲しいな)

シェルマン銀座店様へ

で、相変わらずギリギリにシェルマン様へ。
けっこう良いお値段のものが多いのですが、何と言っても状態が良いものが多く、展示の仕方も好みで、店員様が非常に博識な方が多いのでアンティークの時計は基本的にはこちらで購入しております。
で、これですよ…。

f:id:maki-tki:20170421230714j:plain

パテック・フィリップとカルティエのダブルネームです。
Low BEATに載ってた時計だと思いますが、まさかこんなに質感が素晴らしい時計だとは思わなかったです。
文字盤は光の当たり方によって色を変え、インデックスはプリントではなく彫ってありました。
ケースサイズは33mmですが、普段ディアボロを使っている私にとっては気になる大きさではありません。
このサイズにいろいろ詰まっているんだから素晴らしいわほんと。本当にこの当時までのカラトラバは非常に手間がかかっておりますね。
ティファニーとのダブルネームは何度か拝見したことがありますが、カルティエは初めて拝見しました。
尾錠も含め全てオリジナルで、当時ものの箱付き。140万くらい。

「ほ、ほしい………」

「買ったら?」

あああ、旦那様、一般的には嬉しいけど何故貴方は反対しないのだ!!
(だからお金が貯まらないんだよー!!!(´・ω・`))

何かを手放さないとさすがに維持が厳しいので、今回は諦めました(´・ω・`)
ホントはお金があったら欲しいです。つけなくても見ていたい時計です。コレクションに加えたいです。
ただうちは所詮ちょっと裕福なサラリーマン家庭だからね……。
仕方ないよね……。

一軍と称している時計を手放してもほしいのかと思ったら違うよなって思いました。

「ディアボロ」:個人的にカルティエの時計では一番デザインが好き。さらに婚約指輪代わりに買ってもらったもの
「レベルソ」 :まぁ手放しても探せる気もするけど、祖母からもらった。(ものすごく時計が好きな人なので、アンティーク~現行までいろいろ持っているのです)
「オメガのドレスウォッチ」:オメガってヴィンテージの数自体は多いですがオーバル型のタイプって意外と少ないです。また、竜頭なども含め全てオリジナルは貴重。こういうデザインは現行だとなかなかない。

手放せないよなぁ……(´・ω・`)


まぁそのうち「全て手放してでも欲しい」って思うものがあったらその時に買おう。



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ