最後の一つがなかなか決めきれない問題

たまにははてなのお題でも書いてみようかと思いまして。
ただの自己満雑記です。

私の沼

沼=ズブズブにハマって抜け出せないとか、むしろ好きになれば好きになるほどハマって行く趣味の類によく使う言葉ですね。
当然現在の私の趣味は「時計」であることは、このブログを見ていらっしゃる方や、Twitterを見ていらっしゃる方ならご存知だと思います。
他にBURBERRYはブランドとして好きなのですが、沼っていうより憧れに近い感情でしたし、それもある程度揃えてしまったのでまぁ一時期よりは熱が冷めたかなって印象です。
とか言いつつ来月のセール行きますけどね(笑)
一つのものをひたすら愛でるにしても、ひたすら収集するにしても、それにどハマりして生活的にも精神的にもそれ以前の生活に戻れなくなるのが沼だと思うのですが、やはり「沼」というくらいなので個人的には後者の「収集」が多い方が「○○沼」なんて言っていらっしゃるイメージがあります。


さて私、先ほども言ったとおり「時計沼」にハマっております。
ちなみに現在所有している時計はプロフィールに記載したとおり。
maki-tki-room.hateblo.jp
実はまだここに追加しておりませんが、サントスオクタゴンというカルティエの古いモデルを最近買いました(笑)
しかも永久保証書付きという、ちょっとしたプレミアがついた個体です。
サントスオクタゴンを含むカルティエの古いモデルは、最近は良い個体がかなり減っておりますが、その中でもこの永久保証書がついているモデルは激減しております。
2014年辺りまではそれなりに市場にあったらしいんですけどね。
そんなものをわざわざ探して購入しちゃうんだからそれなりに時計好きになったなと思うんです。
一般的には所有している本数はものすごく多い方だと思うんですよ。
いくらアクセサリーの色に合わせたいと言ったって、正直イエローゴールドとピンクゴールドとステンレスorホワイトゴールドあたりの色味があれば十分だろうと頭では分かっているんです。頭では。
とか言いつつ一方で、パテックフィリップのTwenty-4が欲しいだとかクレドールが欲しいだとか言っちゃってるわけです。

自分の時計に満足しきれない問題

例えばドールとか、「自分の理想」にするためにひたすらグラスアイを変更し、メイクを有名なカスタマ様へお願いし、ドレスは一番良いものを…ってやりませんでした?
(私はかつてスーパードルフィーオーナーでした)
なんだろう。市販の状態では満足できなくていかに自分の理想に近づけるかがあの趣味の楽しいところだったと思います。
有名カスタマ様の足元にも及ばない技術でしたがメイクしたりなども楽しいものでしたし。

そう、ドールなどは自分の理想とするためにカスタマイズが前提だったのですが、時計はそうじゃないのです。
もちろん特注品などをお願いできるほどの財力があれば別でしょうけど一般的には市販品の中から「これだ」と思う1点を見つけないといけないのです。
ちなみに私は、家にある一番好きな時計はノーチラスだったりします。
f:id:maki-tki:20170501220419j:plain

が、これをつけたいわけじゃないんですよ。
つけたい時計はディアボロだったりレベルソだったりと自分が所有している時計なのです。
ただ、見ていて「これは良いな」と思うのはランゲ1やノーチラス、ロイヤルオークだったりという矛盾。
f:id:maki-tki:20170501203516j:plain

何と比較しても一番好きで、かつ自分として身につけたいと思える時計を見つけないと、きっといつまで経っても最後の1本を求め続けてジプシーし続けることになるのだろうな。

褒めてもらえない問題

例えば旦那と一緒にデパートや時計屋さんへ出かけるとするじゃないですか。
旦那はランゲ1をつけて出かけて、私はディアボロ辺りをつけて出かけるんですけど。
f:id:maki-tki:20170430231747j:plain

f:id:maki-tki:20170430231300j:plain

まぁ大抵ほぼ100%旦那の時計は褒められるけど私の時計は無反応なんですよ(笑)
「ランゲですか?良い時計つけてますね」って。
ちなみにサブマリーナだろうとノーチラスだろうと褒められます。
f:id:maki-tki:20170430222028j:plain

f:id:maki-tki:20170501220419j:plain

なんで私のは褒められないのかしら?
ディアボロはともかく、レベルソ辺りは定番じゃないですか?
文字盤のせい?(2011年あたりに生産されていた文字盤らしいです)
f:id:maki-tki:20170501210736j:plain

もちろん褒めてもらいたいからそういう時計が欲しいとまでは思いませんが、こう、隣で「良いですね~」って言われて私にはなんの反応もなしというのもなんだか虚しいものです。
やはり時計は男性のものが主役だから当然と言えば当然なのでしょうけど。
ディアボロだってレベルソだって、見る人が見れば良い時計だと思うんだけどなー…。

このあたりで私として次欲しい時計の方向性が定まったわけです。
「誰が見ても良いと思えてもらえて、かつ好きな系統の時計」

パテックフィリップ Twenty-4

f:id:maki-tki:20170530002337j:plain
最近ちょっと表参道に用事があったので、ブティックへ訪問しました。
その際に拝見させていただいたのがこれ。
以前某中古ショップで拝見した時は、「ブレスが太いし、ゴツいなぁ」なんて思っておりましたが、着用してみると太いバングルのようにも見え、「バングルに文字盤がついている」ように見えてくるのです。
ステンレスですがポリッシング加工でキラキラ輝いており、深いブルーの文字盤も素敵。
左右に1列に並ぶダイヤや文字盤のダイヤのバランスなど、つけてみて初めて素晴らしい時計だなと思いました。

パテックフィリップと言えばカラトラバやノーチラス、アクアノートあたりが有名なのですが、このモデルも1999年辺りからずっと作り続けているモデルなのでけっこう古株。
「私にとって必要なのは、こういう時計なのかもしれない」と思わせる素晴らしい時計なのですが、即購入するほどではない。

素晴らしいモデルだがクォーツでステンレス。そのくせお値段が150万ほど(税込み)

クォーツとか機械式とか大して気にしないでしょと言われますし、その通りですけどやっぱり思うところありますよ。
だって機械式より明らかに安価で出来るクォーツなのにこのお値段じゃないですか。
ブランドによっては機械式の無垢モデル買えるからなぁと思うと即決は難しいですね(苦笑)
もちろん並行輸入店や中古ショップならもっとお安く購入できますが、「自分の名前がパテックフィリップの顧客リストに載る」という浪漫は捨てれないので(おそらくもうパテックで購入することないでしょうから)、できればブティックで購入したい。

個人的な意見ですが接客して下さった店員さんからあえて購入したいと思えない

このクラスのものを「モノが好きだから」という理由だけでは買いたくないというわがままな理由もあります。
もちろんモノが好きなことは大前提ですが、それ以外に「この人から買いたい」と思えないと踏みとどまってしまうなと。
表参道の店員さんはとても丁寧な接客で、一般的には満足でしたが、なんだろうこの人からあえて買いたいって思えないんですよ。
旦那がこの日につけていたノーチラス3800のムーブメントがどのモデルか答えられないだとか、検討していたTwenty-4の良さが伝わらないだとかそのあたりが理由です。


セイコー クレドール

正直何度も見て、ただ結局きっかけがなかったから購入していないブランドです。
ブレスの作りと質の良さは私の知りうるブランドでは一番ではないかと思っており、アンティーク調のデザインなのに大半のモデルで5気圧防水程度の防水性を持っているのも大きいです。
ただブランディングが地味なせいで、なんかこれを買うことで気分があがるんだろうか…みたいに思ってしまうような時計でもありました。
いや良い時計だと思うんですよ?個人的には大好きなデザインが多いです。

日本橋三越の店員さん

日本橋三越でクレドールを拝見した時に接客してくださった店員さんが非常に好印象でした。
押し付けるようなことなく見せてくださり、また商品知識、内部事情、時計自体も非常に詳しくて、おそらく時計が好きな人。
しかも若い!イケメン!!(笑)

……ま、まぁ最後のはネタだとしても、「最終的にはどの時計をつけたら一番気分があがるか、で選べば良いと思いますよ」なんて言ってくださる方なんだもの。いやこの人すごい。
普通なら買ってほしいだろうから一生懸命自社商品褒めるじゃないですか。
もちろん押し付けがましくない程度に褒めてらっしゃいましたけどね、嫌らしい感じじゃないんですよ。
私がすごいなと思った部分を共感してくださって、それをどのようにセイコーさんで実現していらっしゃるか話してくださる感じ。
他社製品にも非常に詳しく、またセイコーさんの各部品がどのように制作されているかなどにも精通していらっしゃる方なので、多分セイコーさんの社員さんなんでしょうね。

私はこういう人から買いたいです。
自分が良いなと思える店員さんがおすすめしてくださるモデルなら、そしてそれが自分でも良いと思える時計なら買います。
モノが良いだけで落とせる金額じゃないんです。人って大事。


……とか言いつつも「パテックフィリップ」というブランドネームもやっぱり魅力的で、迷います(苦笑)
とりあえずちょっとお金を貯めながら、何を買うか考えようかなと。
このお値段なら正直だいたい良いかなと思える時計は選べるし。
あ、サントスオクタゴンはそのうち、近いうちに一旦記事にしたいと思います。


今週のお題「私の沼」



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ