タンクフランセーズ(アジア限定)レビュー

f:id:maki-tki:20170610213118j:plain
一度手放したものを買い戻すという行為ほど愚かな行為もないと思いますが、やらかしました。
「タンクフランセーズ」
カルティエの中で特にレディースモデルにおいてはごくごく定番のラインであり、一般的な女性ならこれ1本で十分上がれるほどの使い勝手の良さと見栄えの良さを持ち合わせているモデルです。
時計本体と一体感があるブレスレットといい、ごく普通のローマンインデックスといい、ちょっと珍しい角型という時計といい、仕事においてもプライベートにおいても使いやすいデザインなんです。

ただ、私が持っている時計達と比べるとどうも地味。
ディアボロの竜頭の華やかさやベゼルの雰囲気といい、レベルソの表面・裏面と使える便利さや無垢の輝きといい、オメガのドレスウォッチのあの当時ならではの見栄えの良さといい、正直1軍の時計達と比べると地味なんですよこの時計。
故にそこまで目立たずにどこででも使えるというメリットはあるんですけどね。
「気分があがらない」という趣味として最も重要な理由で一度この時計は手放しました、がやはり使い勝手が良いし、いいなと思い、またこうして手元に置くことに決めました。

タンクフランセーズのレビュー自体はよくあるでしょうけど、このあえての黒文字盤のレビューは少ないでしょうからちょっと書いてみたいなと思います。

タンクフランセーズの黒文字盤について

f:id:maki-tki:20170611020358j:plain
2003年のアジア限定モデルで、レディースサイズ(SMサイズ)しか販売されなかったらしいです。
スペック的には普通のタンクフランセーズと全く一緒で素材はステンレススチール、ムーブメントはクォーツとなります。

カルティエの店舗に良く置いてあるタンクフランセーズは、白文字盤で、針はブルースチール、素材はステンレススチールのものかステンレススチールとゴールドのコンビのものが一般的だと思います。
もちろん白文字盤のタイプが一番使い勝手が良く「カルティエらしい」と思いますが、私のように何本も持っているとこの文字盤にちょっと胸焼けを起こしてしまうんです。
詰まるところが、飽きると。
なので趣向を変えて、ピンクの文字盤か限定の文字盤にしようと思って、なんとなく無難だからという理由で黒にしました。
当然2003年限定なので、現在は新品なんて販売しておりませんから中古での購入です。


f:id:maki-tki:20170611020950j:plain
黒文字盤の特徴としては、インデックスが白っぽい色味になっており、針はスチールですがシルバー色となっております。
白の文字盤のものよりもキリッとしたシックな雰囲気ですね。
素材のステンレススチールもよりいっそう、キリッとした仕事に合いそうな雰囲気を醸し出しております。
また、同様の黒文字盤ではピンクゴールドとのコンビモデルもあるのですが、こちらはインデックスや針もピンクゴールドとなっており、やや柔らかい女性らしい雰囲気となっております。

写真いろいろ

f:id:maki-tki:20170611021738j:plain

f:id:maki-tki:20170611021809j:plain
箱と説明書・保証書一式。
このあたりの年代のものは基本的に箱も保証書も大きいですね。
もちろん現行のパテックフィリップやランゲなんかは、「箱が本体ですか?」と言いたくなるほど大きいですが、保管が面倒なので仰々しい箱などはあまり好みではありません。
カルティエで言えば1970年代~1980年代くらいまでの箱のサイズが小柄で可愛らしいのになと思っております。


f:id:maki-tki:20170611022217j:plain
竜頭はブルースピネルカボションのごく一般的なもの。
この価格帯なのでサファイアはありえないはず(多分)。
相変わらず使いづらそうな竜頭ですが、クォーツモデルなので基本的に触ることがないので気になりません。

f:id:maki-tki:20170602010031j:plain
サントスオクタゴンはねー……自動巻きだからねぇ…。
多分触る時は多々あるでしょうけど使いづらいでしょうね(笑)

f:id:maki-tki:20170611022910j:plain
やはりおすすめはディアボロ(LM)ですよ絶対に。
竜頭の巻きやすさと竜頭を含む見栄えの良さは、カルティエの各種ラインの中でも上位に十分食い込めると思います。


f:id:maki-tki:20170611023057j:plain
ブレスレット部分はただポリッシング加工とサテン加工の使い分けで、ギラギラした感じはないもののキラリとほどよく輝く程度にとどめております。
正直もっとお高い価格帯のブランドだと、この加工が鬼のように凄まじく、故に見栄えももっと素晴らしいのですが(例:ロイヤルオークのステンレスモデル)、こちらは価格的にもそこまでではありませんので、ああいう雲上ブランド等と比較すると粗はあります。
ただお値段を考えた場合に、このモデルがお好みなら十分買って良いと思います。

似たような時計と考えた場合に、
f:id:maki-tki:20170611023609j:plain
カルティエだと「タンキッシム」というモデルがありますが、K18無垢モデルしかないのでお高いですし(しかも生産終了してます)、

f:id:maki-tki:20170611023755p:plain
パテックフィリップだと、「twenty-4」という非常に美しいモデルがありますが、こちらはポリッシング加工でとにかくギラギラ、ブレス部分も太めでまるでバングルのようなデザイン、お値段高い(オーバーホール含めて)なので、タンクフランセーズが欲しい方は大人しくタンクフランセーズを買うのが一番幸せだと思います。


f:id:maki-tki:20170611024007j:plain

f:id:maki-tki:20170611024231j:plain

f:id:maki-tki:20170611024255j:plain

また、よろしくね。


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ