カラー診断&骨格診断に行ってきました

さてさて、昨日は以前から予約していたカラー診断&骨格診断に行ってきました。
maki-tki-room.hateblo.jp

正直お値段だけを考えると大丸が一番だったのですがいくら待っても予約できなかったのでColor&Styleさんにお願いしました。
東京は比較的こういった診断をしてくれるお店が多いので、どこにしようか迷いましたが、比較的アクセスが良い点やホームページの雰囲気がなんとなく良い感じだったのでこちらにしました。

カラー診断について

お詳しい方が多いと思いますのでさらっと言うと、似合うカラー傾向を4つのシーズンでわけているそうです。
黄色みがかった色味が合う人(スプリング・オータム)、青みがかった色味が合う人(サマー・ウインター)でおおまかに別れており、肌の色、髪の毛の色や量、瞳の色などで判断するようです。
あ、なので今日は化粧NGでした。日焼け止めだけで外歩いたの久しぶりでした(笑)
シーズンの中でも特に合う色や合わせづらい色、一番似合わないシーズンカラー、2番目に合うシーズンカラーなどを見ていただきました。

高井の傾向

肌:濃い目でオークル色、肌質は固め。
髪:黒からややグリーンが混ざった茶色、ボリュームかなり多め。
瞳:ごく普通に茶系でシャープな印象。

まぁこの情報である程度想像できるかと思いますが、日焼けした場合は普通に黒くなり、赤くなることは少ないです。
全体的に肌の色は濃く、どっちかっていうと濁り気味(透明感とかは残念ながらないのですorz)
髪は特に染めておりませんが、元から真っ黒ではなく若干茶色っぽい色なのでこれも診断どおり。
美容院などでは「髪質は硬い、太い、量多い(旦那曰く1つの毛穴から2~3本くらい生えてるらしいです。美容院に行く度にものすごく梳かれます(笑))
瞳もまぁ診断どおりかと。可愛い雰囲気は皆無です。

カラー診断結果

カラー診断結果は
1st:ウインター
2nd:サマー
WORST:オータム

となりました。


……黄色系の肌なのに青みがかった色の方がいいのか。
私は自分をオータムだと思っていたよ(笑)
そもそも自分の前提知識自体がいろいろ間違っていたのですが、
黄色みがかった色味=青みがかった肌に健康的な色味に見せてくれるが、逆に黄色系の肌の場合は肌のトーンが濃く見える。
青みがかった色味=黄色系の肌をワントーン明るく見せてくれるが、青みがかった肌の場合は青白く見える。

とのことです。
つまり比較的色が濃い目でしっかり色が乗った私の肌だと青み色の方が良いわけですね。

で、黄色みがかった色や青みがかった色の中でさらに2タイプにわけるとしたら、「清色」と「濁色」に分けることができるようで、私は「清色」の方が良いらしいです。

えっと、清色というのは簡単に言うと純色(赤、青、緑など)に「白だけ」or「黒だけ」を混ぜた色とのこと。
濁色は純色に「灰色」を混ぜた色のこと。
青みがかった色味+清色=ウインターカラーとなるようです。

さらに私の場合こってこてのウインターらしく「ちょっとでも黄色みが混じってしまうとなんかイマイチ」に見えてしまうらしい。
面倒ですねー。今日色々見せていただいたのですが、一般的に白と呼ばれる色でも気をつけないと駄目らしいです。
漂白剤につけたような驚きの白さ加減の白が良いとか。

ウインターの色ってどうなのか

f:id:maki-tki:20170623235621j:plain

これを見た感じの個人的な感想としては、最近流行りの色味はないですね(笑)
しかも日本人が着るにはなかなか難しい色味が多くないですか?
このロイヤルブルー的な色味は何で合わせたら良いのかしら、みたいな。
言われてみれば確かにこういう色味似合うって言われていた気がしますが、これちょっと私服で取り入れるの派手じゃない?的な色味が多いので、ドレスコードが厳しい職場だとどうかなという印象です。

あとは、ウインターは黒や白が映えるタイプらしいので、私も真っ黒でもOKとのこと。
黒自体は何らかの形で取り入れていることが多いのでこれからも活用しようと思ってます。
黒が映えるのってウインター特有のものらしいのでこれは嬉しい。
とは言え、正直私個人的に好きな色ってスプリングの色らしいんですけどねー(笑)
オータムカラーやスプリングカラーあまり似合う方ではないらしいので、機を見て徐々に断捨離していこうと思います。

f:id:maki-tki:20170624212235j:plain
パーソナルカラーの一覧を頂いたので、これに合わせて洋服を選ぼうと思います。

骨格診断

これもさらっと流すと、似合う洋服のデザインや素材が、大まかに3タイプに分かれているのでそれの診断となっております。
体型の「質感」と「ライン」で判断するらしいです。

骨格診断結果

骨格診断の結果は「ストレート」となりましたが、一部ナチュラルとのことらしいです。
・上腕外側のハリが少ない
・ヒップの位置が低い(一般的なストレートより位置低いらしい。……タレてる?
・肩のラインがややナチュラルっぽい要素有
よって、素材感はストレート向けの厚みがあるつややかな素材中心ですが、洋服のラインについては完全にストレートのものじゃなくても大丈夫とのことです。
が、ウェーブの要素は皆無とのことでした\(^o^)/
(さよならTOCCA……)

ちなみにストレートの特徴として、
・首は短め
・身体に厚みがあり、立体的
・上半身にボリュームのある印象(上重心)
・鎖骨はあまり目立たない
・痩せていても、ガッチリした印象を与える
・筋肉質
・肩のラインが直線的
・メリハリのあるボディ
・腰の位置が高い
・太る時はお腹周りから
・パフスリーブが似合わない
・チュニックを着ると太って見える
・丸首のアンサンブルが似合わない
等々があるらしいですよ。

さらに顔診断なるものをしていただきまして、
「正直甘い服は苦手ですよ」
というありがたいお言葉も頂戴いたしました…TOCCA………orz
もともと骨格ストレートの場合は、ベーシックなデザインの服が似合うという評価で、さらに顔立ちも甘くないキリッとした雰囲気とのことなので、可愛らしいお洋服は似合わないらしいです。悲しいね。

ストレートってどうなのか?

正直一番地味でつまらない無難なデザインの洋服ばかりとなり、流行りものをあわせるのは厳しいです。
例えばボトムスの場合、テーパードもガウチョもNGですからねorz
自分としてはガウチョパンツはイマイチ決まらないなと思っておりましたが、テーパードも駄目とは…。
でもテーパードライン好きなのでうまく履けたらなと思っております。
スカートも、フレアやティアードスカート、プリーツスカートはNGで、タイトスカートやストレートのスカートが良いらしいです。

素材としては厚みがありフラットでハリのある布との相性が良く、ざっくりとしたニット等はNGらしい。
トレンチコートやテーラードジャケットなどと相性が良い体型らしいので、まぁ好きなものが着れるのはそれはそれでありがたいです。
ちなみにトレンチコートは、最近流行りのテロンチなどは全然駄目みたいなので、大人しく今後もBURBERRYのトレンチにお世話になると思います。
とにかく装飾があるアイテムはイマイチでベーシックさ重視なので、こう一気につまらんファッションになると思うけど、ストレートの方はそのあたりどうやって折り合いつけてるんでしょうか。
かなり個人的なことですが、BURBERRYチェックなどはとても良く合うそうです。
わーい、今度そのうちストールでも買おうっと♪(笑)

あと個人的な意見としては、似合うアクセサリーで、「本真珠(8.0mm以上)」とあるけど、高くない?
(淡水パールだったら探せば…と思いましたが、淡水パールじゃ駄目らしい。何故だ…。本真珠なんてそうそう買えないよorz)
それ以外にもカジュアルな服や素材がことごとく安っぽく見える全くお得感のない体型らしいので注意が必要とのことです。

あとがきなど

そんなわけで各種診断でした。
診断中は本当に楽しくお喋りしながら、あの服が良いこの服が良いなどといろいろ試着させていただけて楽しいひとときを過ごしました。
とりあえず骨格ストレートは基本地味になりがちなので、せめて体型を整えようと思います。…ダイエットしますorz


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ