サントスオクタゴンがオーバーホールから戻ってきました

maki-tki-room.hateblo.jp
こちらの記事で紹介したサントスオクタゴンがオーバーホールから戻ってきました。

結局オーバーホール料金はいくらだったの?

f:id:maki-tki:20170626221414j:plain

以前載せた通り、基本オーバーホール料金は永久保証書を提示したので無料でした。
実際は56,700円とのこと(3針ノンデイトの自動巻き・2017年6月現在)。
5年おきにこの代金がかかってくると思うと、オーバーホール代金は決してお安くはないです。
なので、永久保証書付きのモデルが万が一売っていたら是非是非購入をおすすめします。

今回は針が交換となりましたがこちらだけ料金がかかりまして5,075円ほど。
ヴィンテージ品という扱いで使う場合、なるべく交換部品が少ない「当時モノの状態を維持している」方が良いという風潮ですが、こうやって今でもブランドでちゃんと正規オーバーホールしてくれるのも、それはそれでありがたいです。
もちろん竜頭や裏蓋のパッキンなどの交換もしてくださるので、生活防水程度の防水性も担保されます。
(ヴィンテージ品をヴィンテージ専門のオーバーホールに出した場合、部品交換を極力少なくしてくださいますが、代わりに防水性などは全く無い「非防水」という状態ですので、意外と使える時期が限られてしまうんですよ(´・ω・`))

そういえば前回の記事で「唯一の問題はこのブレスがだめになった時に有償交換できるかどうかですが(新型のサントスガルベブレスではおそらくサイズが合わないと思われるので)、あまり期待しておりませんので、ブレスがだめになったら大人しく革ベルトにしそう。」とか書いておりましたが、有償交換できるようです(∩´∀`)∩

f:id:maki-tki:20170626223008j:plain
このモデルが作られた当時のブレスは写真のように「片面バックル」のブレスとなっておりますが、交換後は「両開きのバックル」のものとなりカルティエマークがなくなるそうです。
きっとなんとなく雰囲気が変わってしまうと思われますので、気に入っている方は交換しない方が良いかもしれません。
が、私のサントスオクタゴンはどうやらブレスがけっこう傷んでいるようなのでおそらくいずれ交換すると思います。

ただし、お値段は30万円ほどと超高額。
(旦那曰く、パテックフィリップのノーチラスのブレスなどと比べれば安いとのことですが、それでも高いと思う…)

サントスオクタゴン写真いろいろ

f:id:maki-tki:20170626223633j:plain

f:id:maki-tki:20170626223735j:plain

f:id:maki-tki:20170626223008j:plain

f:id:maki-tki:20170626224015j:plain
バックルの作りは現行品のサントスとけっこう違うらしいですが、比較対象がないのが悲しいですねorz

f:id:maki-tki:20170626224332j:plain
ブレスのコマはこのように接続されているようです。

f:id:maki-tki:20170626224615j:plain
現行のカルティエでは、こういった八角形のデザインはないのでなんだか新鮮ですね。

f:id:maki-tki:20170626224801j:plain

f:id:maki-tki:20170626225005j:plain

f:id:maki-tki:20170626225026j:plain
ケースの裏側はこのようにぷっくりとしたデザインになっております。
カルティエの一部のモデルでは2階建ての自動巻きムーブメントがあったらしいのですが、サントスもそうなのかしら?
もちろん現在のサントスガルベはクォーツモデルなのでもっと薄型で、このあたりはもっとすっきりとした印象になっているようです。

その他頂いたものなど

f:id:maki-tki:20170626225338j:plain
お手入れセット。
これはブレスモデルの時計をオーバーホールに出すと必ず頂けるもののようです。
ただし、このサントスオクタゴンに関してはかなりブレスが傷んでいるので、布で拭く程度にしてくださいとのこと。
この洗浄液、研磨剤か何か入っているのかな。

f:id:maki-tki:20170626225658j:plain
持ち運び用ケース。
これはどの時計をオーバーホールに出しても頂けるケースです。
旅行用などに使える便利なやつですが、以前コリゼをオーバーホールに出した際ももらったのでちょっと持て余し気味だったり(笑)

あとがきなど

なかなか永久保証書を使ってオーバーホールしてみましたという記事も少ないですのでちょっとでも参考になればありがたいです。
また、サントスオクタゴン自体はもちろんいろんなアンティークショップに置いてありますし、そういうお店でオーバーホールもしていただけますが、是非カルティエブティックに出してみてはいかがでしょうか?
ブレスなども(有償になりますが)交換できますし、オーバーホールもまだブランドできちんとやっていただけます。
確かにカルティエブティックに出す方がちょっとお高いかもしれませんが、少なくともちょっとした汗などは気にせず使えるというだけで、カルティエ様に出す価値は十分あると思います。1年ほどの保証もつきますし。

そんなわけでサントスオクタゴンのオーバーホール結果でした。


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ